一般的なファンドとどう違うのか

REITという金融商品をご存知でしょうか?REITというのはReal Estate Investment Trustの略称です。簡単にいうと、不動産投資信託ということになります。一般的な投資信託と違って不動産に対する投資を中心に行っていく事になるもののことを指しています。これの日本版であるのがJ-REITという金融商品です。では、このJ-REITについて簡単なしくみを紹介していきたいと思います。

基本的な構造というのは一般的な投資信託、つまりファンドとそれほど変わりません。目的としているのは、多くの投資家からお金を集め、そのお金を元手として投資を代行するということです。ただ投資の対象であるのが証券ではなく不動産であるというだけです。

証券の場合得られるリターンというのは、購入金額から売却金額を引いた時に残る差益ということになります。ただ、不動産投資の場合には買った不動産を売却することで利益を得るというのではなく、賃貸などとして運用することによって利益を得るということになっています。

J-REITにおいて投資家個人が得られる利益は、投資金額に応じて分割されたこの不動産運用益ということになるわけです。

10月 10, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク