マンションはそんなに高くはない

マンションなのですが、非常に高い買い物というイメージがあります。しかし長引く不況の影響で地価が下がったということと、金融業者のグレー金利が社会問題に挙げられたことで低金利のローン審査が通りやすくなりました。以上の事からマンションはローンさえ組めれば誰でも手が届くという物件になりつつあるのです。地価については景気が上向くと上昇する可能性が高いので、実はマンションは今が買いどきなのかもしれません。

そんなマンションを家賃収入目当てで購入してしまうという一般人が増えてきています。それが今話題の副業であるマンション経営です。マンション経営はなにか特別な資格が必要かと思われがちなのですが、実際は不動産管理会社の管轄ですので、仲介料を支払えば建物の所持権を持っているというだけでマンション経営は可能なのです。

マンション経営なのですが、なにも1棟全てを購入しなくても経営は可能となります。所持権が一室だけでも、そこに住人が入ってさえすれば家賃収入が受け取れます。住居契約期間は家賃の定期収入は保証されているようなものですので、マンション経営は労無く収入を得られるというのが、最近の副業としてマンション経営が支持されている理由なのです。

10月 28, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク

一般的なファンドとどう違うのか

REITという金融商品をご存知でしょうか?REITというのはReal Estate Investment Trustの略称です。簡単にいうと、不動産投資信託ということになります。一般的な投資信託と違って不動産に対する投資を中心に行っていく事になるもののことを指しています。これの日本版であるのがJ-REITという金融商品です。では、このJ-REITについて簡単なしくみを紹介していきたいと思います。

基本的な構造というのは一般的な投資信託、つまりファンドとそれほど変わりません。目的としているのは、多くの投資家からお金を集め、そのお金を元手として投資を代行するということです。ただ投資の対象であるのが証券ではなく不動産であるというだけです。

証券の場合得られるリターンというのは、購入金額から売却金額を引いた時に残る差益ということになります。ただ、不動産投資の場合には買った不動産を売却することで利益を得るというのではなく、賃貸などとして運用することによって利益を得るということになっています。

J-REITにおいて投資家個人が得られる利益は、投資金額に応じて分割されたこの不動産運用益ということになるわけです。

10月 10, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク