個人年金保険のシステムを理解しよう

個人年金保険の利用について考えているのであれば、そもそもこの保険がどういったものなのか、ということについて知っておく必要があります。個人年金保険は「貯蓄型保険」の一種です。保険には掛け捨て型保険と貯蓄型保険という分類がありますが、掛け捨て保険としての役割からはかなり遠いと言えるでしょう。

個人年金保険は怪我や病気などに備えるための保険ではなく、保険料を使って老後資金の不足に備えるための保険ということになります。そのため、怪我や病気の保障というのはあくまでもオプションで追加出来るだけであり、基本的にはそういった効果は付与されていません。

養老保険や終身保険などと同じように、積立保険料が最終的には戻ってくるというのが個人年金保険の基本システムです。ただし、運用を行なっている関係上、場合によっては元金割れを起こす可能性もあります。個人年金保険のなかでも変額年金保険の場合には特にリスクが高いもののリターンが大きな投資を行なっているためその可能性が高くなります。

定額年金保険の場合にはそういったリスクの高い運用を行わないため最低限の元金保障があるものの、大きな金額を形成できる可能性はかなり少なくなります。

話題の人物に関する紹介コラムをご紹介します。
アブラハムグループ・高岡壮一郎に関する記事まとめ
大手メディアへの掲載事例を取り上げています。

2月 3, 2015 · admin · No Comments
Posted in: 保険全般

進学を助ける学資保険

中学校、高校など、子供の進学においては、お金がかかるようになります。子供が進学を迎える前には、まとまった進学資金が必要となるため、この資金を蓄えておくことが必要になるとされています。

しかし、この進学資金を貯めるには目的を明確にしないと、お金を蓄えることができないようです。進学資金を蓄える方法としては、銀行への預金が多く行われているようですが、目的があいまいなまま貯蓄を行なっていると、進学以外の目的で使われてしまうことがあるといわれています。

たとえば、教育費などの目的として貯めていると、別な目的で預金を引き出してしまうといったことになるそうです。これでは、なかなか進学資金が貯まらないことから、生命保険会社が扱っている学生保険を活用したほうがよいといわれています。

この保険では、毎月の積立によってコツコツと蓄えることができ、各進学時期になると満期金を受け取ることができるようになるとされています。学資保険は、払い込んだ保険料を途中で引き出すことができないため、安心して進学資金を蓄えることができるようになるとされています。

また、学資保険であるなら、契約者の親が亡くなったとしても継続して保険料が支払われるといった保障があるため、子供にとっては安心できるようになるといわれているのです。

1月 11, 2015 · admin · No Comments
Posted in: 保険全般

気軽に投資できる注目の日本版ISA

日本は将来、老後の生活資金が少なくなるといわれています。受け取れる公的資金が少なくなるため、生活にゆとりが持てなくそうです。老後の生活資金はたくさん必要となりますが、その資金となるものは公的資金です。しかし、今後は公的年金が少なくなることから、老後の生活資金を別に求めなければならないといわれています。

資金づくりとして、一般的なものは銀行預金や私的年金ですが、銀行が低金利、私的年金の利益が小さいため、安定した資金づくりであっても、大きな資金を作るほどのものではないといわれています。そのことから、大きな資金を作るには投資がよいといわれています。

投資であるなら、預金などとは違い、満足できる預金が作れるようになるとされています。景気があまり良くない日本では、資産づくりが大変なことから、投資による資金形成が期待されるようになっています。日本版ISAは、投資をしやすくした制度として知られ、年間100万円であるなら、投資への利益に対して課税されません。これによって、投資による資産形成を有利なものとしてくれるようになるといわれています。

日本版ISAは、今後、資産づくりとして気軽にできる投資として注目されるようになっています。

12月 10, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク

中古マンションの価値は?

「中古」という言葉が付くとどうしてもあまり価値が無いもののように思えてしまうものです。これはイメージの問題で、中古の対義語が「新品」になりますので、新品と比べたらどうしても価値は落ちてしまうものです。

不動産も例外ではありません。新築の方が中古よりも人気を集めていますので、新築の方が価値があって当然です。新築マンションと中古マンションとでは同じような条件の物件であってもまったく価値が異なるケースもあるのです。

ですが、その点だけを見て中古マンションは価値が無いと考えるのは早計です。中古マンションの価値が低いのはあくまでも「新築マンションと比べて」の話であって、決して世間一般で価値がないとされている訳ではありません。中古マンションでも良いから住みたいという人はとても多いのです。

新築と比べたら中古マンションよりも新築の方が良いという人の方が多いでしょう。ですが決して中古マンションに住みたくないという事ではないのです。ましてや中古マンションの場合、イノベーションやリフォームによって生まれ変わらせる事だって可能です。その点では実は新築よりもいろいろな事が出来るものでもありますので、決して人気が無い訳ではないのです。

12月 2, 2014 · admin · No Comments
Posted in: ワーク

日本の不動産ってどうなの?

投資を開始するにあたりまして、購入するものの成長性を考えるということは非常に重要なことです。これは投資の基本なのですが、これを不動産投資で考えてみますと少し面白いかもしれません。不動産投資なのですが、物件の価格はどれも非常に高額であり参入しにくい投資というイメージがあります。それに対しまして、日本の地価は将来性があるのか、という疑問が沸いてきます。

日本の地価の将来性なのですが、経済発展のピークをすでに過ぎていますので、高騰による先物取引という面で見るのは厳しいところもあります。しかしその分安定した資産価値をもっていますので、リスクの小さい投資という意味では今だ根強い人気のある投資でもあります。都市部や開発地域でしたらまだ地価高騰もありえますので、それを狙って取引きすると利益を出せるでしょう。

日本の不動産投資は安定感はあるのですが、大儲けはなかなか時間の掛かる投資だと思います。不動産で一攫千金を狙いたいのであれば海外の不動産を購入してみるというものは良い考えだと思います。海外の見発展地域の物件は、これから大きく伸びる可能性がありますので注目が世界中から集まっているのです。先行投資をしてみても良いかと思います。

日本の不動産についてはこちらもオススメです。
不動産投資の最新ニュースをお届け!
有益な情報が得られるのでぜひご一読を!

11月 12, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク

マンションはそんなに高くはない

マンションなのですが、非常に高い買い物というイメージがあります。しかし長引く不況の影響で地価が下がったということと、金融業者のグレー金利が社会問題に挙げられたことで低金利のローン審査が通りやすくなりました。以上の事からマンションはローンさえ組めれば誰でも手が届くという物件になりつつあるのです。地価については景気が上向くと上昇する可能性が高いので、実はマンションは今が買いどきなのかもしれません。

そんなマンションを家賃収入目当てで購入してしまうという一般人が増えてきています。それが今話題の副業であるマンション経営です。マンション経営はなにか特別な資格が必要かと思われがちなのですが、実際は不動産管理会社の管轄ですので、仲介料を支払えば建物の所持権を持っているというだけでマンション経営は可能なのです。

マンション経営なのですが、なにも1棟全てを購入しなくても経営は可能となります。所持権が一室だけでも、そこに住人が入ってさえすれば家賃収入が受け取れます。住居契約期間は家賃の定期収入は保証されているようなものですので、マンション経営は労無く収入を得られるというのが、最近の副業としてマンション経営が支持されている理由なのです。

10月 28, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク

一般的なファンドとどう違うのか

REITという金融商品をご存知でしょうか?REITというのはReal Estate Investment Trustの略称です。簡単にいうと、不動産投資信託ということになります。一般的な投資信託と違って不動産に対する投資を中心に行っていく事になるもののことを指しています。これの日本版であるのがJ-REITという金融商品です。では、このJ-REITについて簡単なしくみを紹介していきたいと思います。

基本的な構造というのは一般的な投資信託、つまりファンドとそれほど変わりません。目的としているのは、多くの投資家からお金を集め、そのお金を元手として投資を代行するということです。ただ投資の対象であるのが証券ではなく不動産であるというだけです。

証券の場合得られるリターンというのは、購入金額から売却金額を引いた時に残る差益ということになります。ただ、不動産投資の場合には買った不動産を売却することで利益を得るというのではなく、賃貸などとして運用することによって利益を得るということになっています。

J-REITにおいて投資家個人が得られる利益は、投資金額に応じて分割されたこの不動産運用益ということになるわけです。

10月 10, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク